• トップ
  • 井筒八ッ橋本舗のはじまり

井筒八ッ橋本舗のはじまり

文化二年(一八〇五年)、初代津田佐兵衞が業を起こし、そこから井筒八ッ橋本舗の歴史がはじまりました。当時祇園の茶店で人気を博していた堅焼せんべいが、筝曲の祖・八橋検校の遺徳を継承した琴姿の「八ッ橋」です。『井筒八ッ橋』として今に受け継がれている、井筒八ッ橋本舗の原点でございます。創業より、二百有余年。先人が学んできた知恵や戒めによって伝えられてきた「こころ」を守り、今もなお、ただお客さまのよろこびを考えて日々商いに努めております。
京名物八ッ橋の歴史と由来 不思議な「八ッ橋」のものがたり
不思議な「八ッ橋」のものがたり

上記画像をクリックすると電子書籍をご覧いただけます。

▲ このページの先頭へ